買ってよかったマタニティブラ(カップ付きタンクトップ)

マタニティブラ(カップ付きタンクトップ)の条件として譲れなかったのは、以下の二点。
  • カップの裏も含めて、コットン90%以上のもの
  • ゴムテープや調節用の紐が胴回りを一周していないもの
肌が弱いのと、妊娠してからすぐゴムテープの締め付けがダメになってしまったので、これらの条件が必須でした。

迷いに迷って、私が買ったカップ付きタンクトップはこちら。
敏感肌、締め付けがダメな人におすすめです。


レビューを見て良さそうだったので、試しに1着買い、後で3着買い足しました。
タグを見ると、ネトゥル(桝谷株式会社)というマタニティーインナーのブランドのものでした。

ボディがコットンでもカップの裏が化繊のものが多いのですが、こちらはカップを差し込むタイプで肌に触れる部分はすべてコットンです。
商品説明にはアンダーバスト全体にゴムが入っていると買いてありますが、実際にはゴムテープは前のみで、後ろには入っていません。
全体にストレッチが効いているため安定感があり、ずれることもなかったため仕事にも着ていけました。

実は、最初の1着買った4ヶ月の終わり頃に着てみるとかなりブカブカで、失敗したかな〜としばらく放置していました。
というのも、この商品に限らず、マタニティウェアはサイズがM、L程度にしか分かれていないことが多いのです。
普段よりお腹が大きくなっているといっても、もともとXS、Sを着ている私には大きすぎるものがほとんど・・・。
こちらもそうでした。

仕方なく、もともと日常的に使っていたユニクロのコットンブラトップ(ただし、カップ裏は化繊なので普通のタンクトップを下に重ねて着用)で凌いでました。
妊娠5ヶ月くらいまでは大丈夫でしたが、カップのサイズが合わなくなり、試しに1着だけ買ってあったこちらを着てみたら、ゆとりはあるけどまあ着られる、という程度になっていました。
そこで3着追加購入し、計4着を毎日ローテーションしています。
本来は産後用のインナーのようですが、よく伸びるので今のところ問題なく着用しています。

ちなみに、1着目を買った後、同じネトゥルの産前用のカップ付きタンクトップ(カップは別売り)も買ってみたのですが、こちらは背中側にもしっかりしたゴムテープが入っていて、私は圧迫感を感じてダメでした。
生地は産後用のものより薄く、柔らかい感じです。
丈が長く、お腹がすっぽり隠れるので臨月ごろにはいいかもしれません。
(せっかく買ったので、せめて産後には着られるといいのですが・・・)。


買ったものが授乳用として使いやすいかどうかは産後記事にしたいと思います。

にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ

コメント

このブログの人気の投稿

カルディで買える、妊婦の便秘対策に効果があったおすすめのもの

やっと出産入院準備完了 準備リストあり

出産前に購入したベビー服一覧とかかった費用